ハイドロキノンを間違って使ってしまうと大変

ハイドロキノンは現時点において、すでに出来てしまったシミに対しては最も効果的であると言われている美白成分が配合された化粧品です。その効果は絶大であり、それまでの美白化粧品の多くは肌のトーンを明るくするといったものや、これから出来る可能性のある新たなシミの原因となるものを抑制するといったものが主流でしたが、このハイドロキノンはそれらとは違います。よりダイレクトに出来てしまったシミの原因であるメラニンの抑制に働きかけ、更にはそのメラニンを生成しているメラノサイトの働き自体を抑制するといった、ある意味その他の美白化粧品とは方向性の違うものであるとも言えます。それ故に、シミに悩んでいる人にはレーザー治療に並ぶ治療薬として注目を集めていますが、その一方で、その使用方法を間違ってしまうとシミを始め、肌自体にも大きなダメージを与える事となってしまいます。これにはハイドロキノンが持つ、成分の強さが関係していると言えます。前述した通り、ハイドロキノンはメラニンのみならず、その元であるメラノサイトにまで働きかけ働きを抑制させるといった、強い美白力を持っていると言えます。その為、敏感肌であったり、あまり肌が強くないといった方が使用してしまうと、刺激の強さから炎症を起こしてしまうといった事もあり得ます。またその強い美白力から、シミのない部分へと使用してしまうと、最悪の場合には白斑の状態になってしまい、色が抜け落ちてしまうといった事にもなりかねません。あくまでシミのある部分にのみ使用する事が必要になります。また紫外線を吸収しやすいといった性質も併せ持っている特徴があり、充分な日焼け止めをしないで使用した場合には、却ってシミを作る原因となってしまいかねません。その為、これらの点に充分に注意した上で、使用する必要があると言えます。

ハイドロキノンを使う時は夜の洗顔後に

シミが気になって美白化粧品でケアしているけれど、なかなか薄くならないという方も多いでしょう。実は美白化粧品はシミを予防する事はできても、シミを薄くする事はできません。市販されている化粧品は、皮膚の角質層にまでは有効成分を届ける事ができます。しかし、角質層の下にまでは浸透できません。シミの元となっているメラニン色素が、角質層の下にある肌細胞に沈着しているという場合、化粧品では太刀打ちできないのです。美白化粧品でケアしても薄くならない、頑固なシミはハイドロキノンで治療してみましょう。ハイドロキノンは美容皮膚科など、美容系クリニックではシミ治療としてポピュラーに処方されている外用薬です。「肌の漂白剤」と言われる程、美白効果に優れています。還元作用が高くメラニン色素自体を薄くする作用の他に、メラニン色素を作らせないような働きもあります。この2つの作用によって、頑固なシミも消す事ができるのです。外用薬をシミが気になる部分に塗るだけですので、ハイドロキノンでの治療は誰でも簡単にケアできるでしょう。ただし、塗るのは夜の洗顔後です。ハイドロキノンは優れた効果がある外用薬と同時に、使用した後は紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。
ですので、朝の洗顔後にケアすると、いつも以上に紫外線のダメージを受け、シミができやすくなってしまうのです。シミを改善する為にハイドロキノンで治療しているのにも関わらず、新たなシミを作ってしまっては本末転倒です。
このような事からハイドロキノンは紫外線を浴びない、夜に使う事が使用する際のポイントです。正しくハイドロキノンを使い、シミのコンプレックスを解消してみましょう。

ハイドロキノンを使う時は紫外線に注意

年齢とともに、顔のシミが気になってきたという人も多いのではないでしょうか。シミを隠すためにコンシーラーを塗る量が年々増えてしまい、次第には化粧でも隠せなくなって悩んでいる人もいることでしょう。今日ではたくさんの美白のための化粧品類が販売されていますが、大半の商品は紫外線を浴びてもシミになる前に対処するという効果のあるものであり、できてしまったシミに対しては効果を発揮しません。しかし、ハイドロキノンはシミの原因でもあるメラニン色素の産出を抑えるだけでなく、メラニン色素を作る細胞そのものを減らすことができるという効果を持っています。海外では以前から多くの人に利用されてきた成分なのですが、日本では薬事法で2001年の規制緩和によって、医療機関以外では手に入れることができなかったのが一般的な化粧品に使用することも許可されたため、今日では日本でも多くの人に知られるようになりました。もともと写真を現像する仕事をしている人の手が白くなったということから、シミの治療に使用されるようになったものです。一般的なハイドロキノン商品はクリーム状になって販売されており、朝と夜の一日2回、気になる部分にポイント的に塗っていきます。しかし、使用前には必ず目立たない場所でパッチテストをする必要があります。人によっては副作用もあり、肌に合わずに赤くなったり炎症が発生することもあるためです。また、ハイドロキノンは紫外線に十分注意する必要があります。ハイドロキノンを塗った状態の肌は日焼けしやすい状態になっており、よけいにシミが増えてしまう原因にもなります。朝にハイドロキノンを塗ったら、外出前にしっかりと上から日焼け止めクリームを塗るということが大切です。