ハイドロキノンは強力な美白剤?

ハイドロキノンという成分が入っている化粧品が、美白効果があるとして売られています。
本当に効果があるのかどうか、どのようなことに気をつければよいのかを説明しましょう。
まず、ハイドロキノンですが、化学的にはヒドロキノンと呼ばれることもある成分で、非常に強力な還元剤です。
そして、この還元作用で、できてしまったシミの色素、メラニンを分解してくれるのです。いわば、肌の漂白剤です。
ところで、普通は漂白剤といえば次亜塩素酸ナトリウムのような酸化剤をまず思い浮かべ、なぜ酸化剤と逆の還元剤が漂白効果を持つのか疑問に思われるかもしれません。
もっともな疑問ですが、別にごまかしでも何でもありません。
色素を壊して色を薄くするにあたって、酸化することにより壊そうとするのが酸化剤型の漂白剤で、還元することにより壊そうとするのが還元剤型の漂白剤となり、つまり2種類ともにありえるのです。
話が少しそれましたが、ハイドロキノンはその還元作用によりできてしまったシミを薄くするだけではなく、メラニン色素を作り出す細胞を抑制する働きもあります。
すなわち、ダブルで美白効果が期待できるわけです。
ただし、その強力さゆえに、使用にあたっては注意点もあります。まず、アレルギーを起こすことがないか、パッチテストをしましょう。
次に、シミのできていない皮膚には使わないように気をつけましょう。健康な皮膚の色、肌色そのものも実はメラニンが関係しています。
ですから、そういう皮膚に使うと、極端な場合、その肌色さえも漂白されてしまい白斑が生じることがあります。
保存方法、使用期限を守ることも必要です。これもハイドロキノンの作用に関係しているのですが、強力な還元作用を持つということは、これ自身は非常に酸化されやすいということで、その結果、効果が失われやすいからです。

ベストな洗顔クリームとハイドロキノンの組合せ

加齢によってできたシミが、なかなか薄くならないと困っている女性は多いです。
毎日のスキンケアに、ビタミンC誘導体などの美白成分が配合された化粧品を使うことで、薄いシミであれば徐々に改善していきます。
しかし、頑固なシミの場合、皮膚科クリニックで治療を受けた方が安心です。
皮膚科クリニックで行われているシミの治療の中で、人気が高いのがハイドロキノンクリームを使った治療方法です。
ハイドロキノンは、ブルーベリーやイチゴなどにも含まれている物質です。
ハイドロキノンには、皮膚を紫外線のダメージから守る働きがあります。
ハイドロキノンには、メラニンを合成する酵素を阻害し、メラニン色素の生成を抑える働きがあります。
アメリカでは、美白効果が早くから認められ、女優やモデルも美容のために使っています。
日本でも、なかなかシミが改善されない患者に対して処方され、効果を上げています。
ハイドロキノンは、強力な漂白作用がありますが、安全性は高いです。
ただ、ハイドロキノンクリームを使ってシミの治療を行っている間は、紫外線をしっかりと防ぐ必要があります。
短時間の外出であっても、日焼け止めを塗り、日傘や帽子で紫外線をブロックした方が安心です。
また、洗顔のときに使用する洗顔クリームも、刺激が少ない肌に優しい洗顔クリームを使った方がいいです。
最近は、保湿剤が配合された洗顔クリームが数多く販売されているので、その中から自分の肌に合ったものを選ぶことが大事です。
ハイドロキノンクリームを使っていると、最初のうちはピリピリとした刺激を感じることがあります。
しかし、ほとんどの人は、継続して使っているうちに症状が軽くなり、刺激を感じなくなってきます。

ハイドロキノン使用上の留意点

ハイドロキノンは、イチゴやコーヒーにも含まれる成分で、アメリカでは美白効果が認められ、皮膚の漂白剤として用いられてきました。
日本では、2%まで配合した化粧品などが販売することが許可されています。それ以上の濃度のハイドロキノンのクリームは病院での処方が必要となります。
ハイドロキノンクリームは、シミや色素沈着以外にも、ニキビ跡の改善効果やしわの改善などにも用いられています。
ハイドロキノンの濃度が5%のものでは、動物実験で発ガン性が報告されているために、高濃度のものは使用しないようにしましょう。
使用前には、必ずパッチテストを行いましょう。絆創膏にクリームを塗り、皮膚の薄い腕の上腕部などに貼りつけ、24時間放置します。赤みやかゆみなどがなければ、使用できます。
また、顔全体に塗布するものではありません。症状により塗り方が異なりますが、シミの場合は綿棒にごく少量を取り、シミに塗ります。
洗顔直後は角質層が水分を多く含んでいます。薬剤の浸透がよくなり過ぎることがあります。このため、洗顔後20分程待ってから塗ることが勧められています。
また、人によっては、かぶれたり、刺激がある場合があります。赤みや刺激が強いときは使用を中止して医師の診断を受けましょう。
ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くする性質を持っています。直接日光を浴びることはもちろんですが、室内にも紫外線は入ってきます。
外出時には短時間でもSPF20以上の日焼け止めを塗りましょう。外出しない場合でも紫外線対策を行いましょう。
ハイドロキノンは非常に参加しやすい物質なので、開封してから長時間経つと製品が劣化してしまいます。使用期限を必ず守りましょう。